空家バンクの活用についてhowto

how to
空家バンクの活用について

空家を地域で/空家を福祉拠点に転用する事業を行っています

空家バンクの活用について

  • 1.福岡市社会福祉協議会

    住民主体の地域福祉を推進。幅広いネットワークを活かし中間支援組織としての機能を有する。「居住福祉」に関する取り組みを全国的に先駆けて実施している。

  • 2.古家空家調査連絡会

    中古住宅の流通を促進。空家問題の解決に取り組む。弁護士、司法書士、税理士、建築士、宅建士などの専門家をサポートチームとしてまとめ、ワンストップ窓口の中核 となる。

  • 3.地域の情報収集

    社会福祉協議会の地域福祉ソーシャルワーカー(CSW)が空家の入口・出口の需要を収集。

  • 4.福岡市社会福祉協議会による個別支援事業の展開

    「住まいサポートふくおか」、死後事務、権利擁護事業等。空家利活用のコーディネート力を高める。

  • 5.不動産の遺贈寄附を募集

    社会貢献型に転用できる不動産を遺贈寄附として募集。

  • 6.福祉団体や地域団体より活用希望について聞き取り

    多様な地域団体や空家活用検討会での聞き取りなどで、空家の需要を把握。

  • 7.空家オーナーからの聞き取りと活用提案

    空家オーナーから入口需要に関して聞き取り、活用を提案。

  • 8.空家に顕在 ・ 潜在する問題を協力して解決

    各専門家の協力のもと、空家活用を妨げる問題を解決。不動産の特性から活用の方向性を検討。専門家向け勉強会や説明会を開催し専門家相談員を拡充。

  • 9.関係機関との連携、 各種申請

    活用可能性のある法規や手続きの整理と、法務税務、建築関係の各種申請。

  • 10.建築基準法に則った改築指導と改築作業

    現行の建築基準法や用途変更の手続きに則った改築、消防法などの遵守。

  • 11.中心となる事業体の確立

    各専門家と福祉ニーズをコーディネーターが繋ぎ、緊密な情報共有。

contact
お問い合わせ

福岡市 社会福祉協議会

092-720-5356

092-751-1509

平日 : 9:00 - 17:00

古家空家調査連絡会

092-406-6501

092-406-6517

平日 : 9:00 - 18:00(土日祝休)

PAGETOP